所蔵文化財ギャラリー

所蔵文化財『能装束』 一覧(抜粋)

谷家には、現在確認できる限り総計83件の能装束類が収蔵されている。その内訳は、狩衣4領、法被2領、側次1領、水衣13領、長絹3領、厚板3領、熨斗目4領、着付1領、唐織2領、縫箔2領、摺箔5領、大口5腰、半切5腰、角帽子1頭、鬘帯9筋、腰帯16筋、紐2件(19本)、数珠4連、前立1個である。

形状による装束の種類としては、狩衣・法被・側次・水衣・長絹といった「大袖もの」、厚板・熨斗目・唐織・縫箔・摺箔といった「小袖もの」、大口・半切の袴類、鬘帯・腰帯などの帯紐類、被りものなどが幅広く収蔵されている。

小判は慶長、宝永、享保、元文、文政、天保、万延であり、元禄、正徳、安政を除く江戸時代に鋳造された小判の大部分が揃っている。しかも文政小判が127枚、天保小判が112枚と多量である。

また、役柄による分類では、男役の装束である狩衣・法被・側次・厚板・熨斗目・半切、女役の装束である長絹・唐織・摺箔・鬘帯、男女役共用の水衣・大口など、各種を網羅している。

以上のように、装束の種類は、形状による分類からも、役柄による分類からも多種類にわたっており、偏りのないその内容は資料として重要である。

作品の制作年代に関しては、全体の四分の一強が江戸時代にかかる作品であり、特に長絹、側次はすべて江戸時代、また大口、狩衣も江戸時代の作品が大多数を占める。そのほか腰帯・鬘帯にも江戸時代の作品が含まれる。

ページのトップに戻る